企業情報

ファイメクス株式会社は、タンパク質分解誘導を作用機序とする新たな医薬品の研究開発活動を行い、First-in-classの治療薬創出を目指すベンチャー企業です。
人体は少なくとも 18,097 種のタンパク質から構成されており、それらのうち約 1500 種は、特定の疾患に関連していることが報告されています。しかしながら、現在までに医薬品の標的とされてきたのは、わずか約 300 のタンパク質しかありません。残り約1200 のタンパク質は既存の創薬技術では標的とすることが困難なことから”Undruggable”とされており、疾患との関連が明らかになっているにもかかわらず創薬研究が進んでいないのが現状です。武田薬品より移管された技術により、pseudokinase に代表される Undruggable なタンパク質を標的とすることを可能とし、幅広い医薬品ターゲットと Unmet medical needsに対処し、世界中の病気に苦しむ人とその家族にとっての Life saving medicine を提供して参ります。

 

【企業理念】 – Drugging undruggable targets by innovative modalities –

既存の創薬技術では標的とすることが困難なUndruggableと形容される病原タンパク質に対し、これを直接分解へと誘導する新たな治療法を提案し、がんを含む治療困難な疾患のためのFirst-in-classの治療薬を創出することを使命とする。